4月 18, 2018 オンライン・リーテイラー 家電・電子機器チェーン 流通業 0

アマゾンは家電小売大手のベスト・バイトと、ファイアTVの組み込まれたテレビ販売での提携を発表した。ベスト・バイは、10アイテム以上の4KとHD・ファイアTVを、同社PBであるインシグニアと東芝のブランで今夏から販売する。追加のモデルも加えられる予定で、これらはベスト・バイの専売となり、アマゾンでは、セラーとしてベスト・バイが販売する。これらのテレビには、ファイアTVのストリーミング・サービスが組み込まれており、通常のライブ・チャンネルと共に楽しめる。また、アレクサによる番組検索機能も使え、テレビ番組、ネットフリックス、プライム・ビデオ、HBO,プレイステーション・ビュー、Huluなども視聴できる。アマゾンのエコー機器による音声コントロールも簡単にできる。アマゾンとベスト・バイは、商品販売などで長年の協力関係があり、今回その関係がさらに強まったとジェフ・ベイゾスは述べている。

ベスト・バイはブランドとの関係強化でストア・ウィズン・ア・ストアの導入でも成功しており、今回の提携は、アマゾンと直接販売競争とならずウィンウィンの関係となる。ヒューベア・ジョリーの先見の明は非常に高いようである。