4月 14, 2018 オンライン・リーテイラー ショッピング・センター 流通業 0

南カリフォルニアで、ザ・グローブやアメリカナ・アト・ブランドなど繁盛ショッピング・センターを経営する不動産開発会社、カルーソのオーナーであるリック・カルーソが、NBCのテレビ番組でアマゾンに関するコメントを述べている。アマゾンが見せてくれたのは成功への道で、小売業界にとって素晴らしい事だと思う。価格競争だけでは駄目で、知識で競争しなければならない。顧客を知り、彼らに利便性を提供しなければならない。アマゾンは革新と顧客への奉仕を効果的に行なっており、同様に進化した小売業は成長している。また、アマゾンが実店舗を開店しているのは、オンラインと店舗のハイブリッドが小売業にとって大切なことを示している。顧客とのソーシャルなつながり、新しい発見、経験などが小売戦略には必要なのです。倒産した小売企業の多くは、革新や進化を止めてしまったのです。顧客が求めていない小売環境を持っている企業の多くが問題を抱えていると述べている。CNBC

カルーソのザ・グローブは、アマゾン・ゴー店を誘致したと報道されており、ひょっとすると実現するかも知れない。