4月 6, 2018 アパレル シュー・ストア 宝飾・チェーン 流通業 0

アパレルや靴のチェーンを展開するナイン・ウェスト・ホールディングス社が倒産を申請した。同社はシカモア・パートナーズが大株主で、負債は10億ドルを超える。申請では、ナイン・ウェスト及びバンドリノのブランドを売却し、他のビジネスであるアン・クラインなどのブランドを維持する。倒産申請中の運営に必要な3億ドルのつなぎ融資に関しても、債権者の合意を得ている。同社CEOのラルフ・シパニは、財務を強化し、利益の上がっているアパレル、宝飾、ジーンズなどのビジネスを伸ばすことで大きく成長します。」と述べている。

同ブランドは、ニューヨーク、マンハッタンの通りの名前である「9ウェスト」を社名に持ち、ファッション全般のブランドとして成長してきたが、最近のスタイルの変化に遅れをとっていた。2014年にはシカモア・パートナーズが22億ドルで買収したジョーンズ・グループの一部として同社の傘下となっていた。ブルームバーグ

モールで必ず見かける靴のチェーンの一社がまた姿を消す事になるかも知れない