3月 12, 2018 オフ・プライス・ストア 流通業 0

オフプライス・チェーンのロス・ストアズは、2月3日で終わった第4四半期及び2017年度の業績を発表した。第4四半期の売上は前年度比16%増加し記録となる41億ドル、既存店売上は5%増加、純利益は50%増加して4億5100万ドル、1株あたりの利益は54.5%増加して$1.19となった。2017年度の売上は10%増加して141億ドル、既存店売上は4%増加、純利益は21.9%増加して14億ドル、1株あたりの利益は25.4%増加して$3.55だった。今年度は75ヶ所のロス、25ヶ所のdd’sディスカウンツ、合計100店舗の新開店、数カ所の不採算店の閉鎖を計画している。同社は現在38州で1651店舗を展開している。

オフプライス・チェーンは全体的に好調である。バリューを求める消費者は景気に関係ない様である。

今日から10日ほど訪日します。投稿の頻度に影響するかもしれませんのでご了承ください。