2月 7, 2018 デパートメント・ストア 流通業 0

1898年創業の老舗の百貨店チェーン「ボン・トン」が日曜日に倒産申請を行った。同社は、ミルウォーキーに本拠を持ち、中西部と北東部の24州で260ヶ所ほどの店舗を、ボン・トン、ボストン、カーソンズ、ヤウンカーズ、ハーバーガーズ、エルダー・ビーアマンなどの名前で展開している。既に42ヶ所の店舗閉鎖を発表しており、倒産申請によって店舗リースなどの負債を軽減し、会社全体又は一部の売却を検討すると述べている。また、申請中の継続運営のために7億2500万ドルのDIPフィナンスも確保している。同社が証券取引委員会に提出したビジネス・プランでは、プライベート・ラベル商品の開発を優先すると述べている。NBCニュース

百貨店もジェネラル・マーチャンダイズ・ストアの跡を追っている様に見える。果たして業態として存続するのだろうか?