1月 23, 2018 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートが、2017年の各州のベストセラーを発表している。州民の特長が出ているところもあって面白いので紹介したい。主なところでは、ニューヨーク州が冷蔵庫、イリノイ州が消しゴム、カリフォルニア州がプロティン・パウダー、テキサス州が大型スクリーンの壁掛け用マウント、ワシントン州がバニラ・フロスティング(生クリームの一種)、コロラド州がM&Mピーナッツ・チョコレート・キャンディーなどである。北の寒い地域となるミネソタ州では、フレーミング・ホット・チートスとても辛いスナック菓子)で気候を表しており、もっと寒いアラスカでは、RVと船などの不凍液である。ペット愛好家が多いのか、ネバダ州は犬のトリート(オヤツ)でニュー・メキシコ州はキャット・フードである。変わったところではハワイ州はバービー・ファーマー・ドルだった。ウォルマートはやはり安いという印象が強いだろうから、これらの商品が一番値打ちがあると思われているのだろう。健康オタクのカリフォルニアと甘いもの好きのワシントンとコロラドといったところか。

リフォルニアと甘いもの好きのワシントンとコロラドといったところか。