1月 13, 2018 ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 流通業 0

多くの小売チェーンにとって、昨年のホリデー・シーズンは活気のあるものとなったが、シアーズ百貨店チェーンとKマート・ディスカウント・チェーンを傘下に持つシアーズ・ホールディングスは、昨年のホリデー・シーズンの既存店売上が16%から17%減少したと報じられている。悪化している資金繰りに対して、1億ドルの新規融資を得ており、さらに2億ドルの融資を模索している。同社の筆頭株主でC EOのエドワード・ランパートは、2017年には黒字化のための戦略が相当進められたが、さらに経費節減とトランスフォーメーションを進めなければならない。追加の融資交渉を続けているが、もし成功しなかった場合は、資産価値を最大化するため、役員会は他の選択肢を検討すると、倒産申請の可能性を暗示している。CNNマネー

昨年の業績報告でも倒産の可能性を示唆しており、近い将来の倒産申請の可能性が高まっている。一正規以上続いた老舗のシアーズの名前も消滅するかもしれない。