12月 27, 2017 流通業 経済 0

2017年のホリデー商戦(11月1日から12月24日まで)は前年度比4.9%増加で、2011年以来最大の増加となったとマスターカードのスペンディングパルスが発表した。オンライン販売は、18.1%の増加だった。商品カテゴリー別で最も好調だったのは家電で7.5%増加、過去10年で最大の増加となった。家具と雑貨も5.1%増加し住宅市場の活況を物語っている。今年は早くから値引販促が行われた結果、11月の最初の3週間は相当な売上増加が見られた。また、ラストミニッツの買物も多く、特に宝飾は5.9%と好調だった。USAトゥデー

小売業にとってもメリー・クリスマスになったようである。