11月 30, 2017 アパレル オンライン・リーテイラー スペシャリティー・ストア デパートメント・ストア 家電・電子機器チェーン 流通業 0

アメリカ成人の4人の内3人は、感謝祭の週末に買物をしたと、全米小売業協会(NRF)は発表している。1億7400万人にあたるこれらの消費者は、平均$335の購入を店舗かオンラインでした。最も平均購入額が多かったのは24才から35才のミレニアル世代で、$419.52の購入をした。コンフェレンス・ボードが発表した消費者の10月の自信度も、17年ぶりに129.5に上がり消費者心理の好転を表わしている。ホリデー・シーズン全体的では、前年度に比べ3.6%から4%増加となる6800億ドルの売上が全米小売業協会によって予測されている。週末の購入先では、百貨店が43%、オンラインが42%、家電店が32%、衣料とアクセサリー店が31%だった。サイバー・マンデーには、65.9億ドルの商品がオンラインで購入され、これまでの記録となったとアドビ・アナリティックスが発表した。内、スマートフォンとタブレットによる購入は1/3ほどだった。ワシントン・ポスト