11月 14, 2017 ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 流通業 0

ウォルマート・コムは近々アップスケール・ファッションの販売を始める。百貨店チェーンのロード&テイラーとパートナーシップを結んで、ウォルマート・コムのサイトの中に百貨店のサイトが来春からお目見えする。調査会社コムスコアによるとウォルマートのサイトは、9月だけでも7780万人の訪問者がおり、人気の小売サイトの一つになっている。ロード&テイラー社長のリズ・ロッドベルは、「素晴らしい成長機会になると思います。」と期待を述べ、ウォルマートの電子コマースのファッションのトップであるデニース・インカンデラは、「私たちのオンライン顧客はハイエンドな商品を探しており、ロード&テイラーの経験は、ウォルマートがファションでショッピング・デスティネーションとなるための戦略の一つとなります。新しいウォルマート・コムを造る努力をしているのです。」と述べている。ロード&テイラーは、サックス・フィフス・アベニューも持つカナダのハドソンズ・ベイの傘下で、6月には2000人のリストラ、10月にはニューヨークの旗艦店の売却が発表され経営再建の最中である。今回のパートナーシップは両社にとってウィン・ウィンになると期待されている。USAトゥデー