11月 9, 2017 オンライン・リーテイラー スーパーマーケット 流通業 0

オンライン・リーテイラー大手のアマゾンは、ホリデー商戦を前に、傘下のホール・フーズ・マーケットの店舗100ヶ所以上でキンドルやエコー機器を販売、また仮説店となるポップ・アップ・ストアをシカゴ、ミシガン州ロチェスター・ヒルズで11月13日に、フロリダ州デイビー、カリフォルニア州パサデナで11月14日、ユニオン・ステーション店をコロラド州デンバーで11月15日に開店すると発表した。これらのホール・フーズ・マーケットの売場及び仮説店では、アマゾンの機器の試用及びプライム会員の特典情報を得て、AIのアレクサを体験することができる。ブラック・フライデーの週には特別ディールとして、エコー・ドットを$20、新アマゾン・エコーを$20、新エコー・プラスを$30、キンドル・ペーパーホワイトを$30、新しいアマゾン・クラウド・カムを$20、ファイア7・タブレットを$20、ファイアHD8・タブレットを$30、それぞれ割引いて販売する。又ホリデー期間中、AIのアレクサは、ホリデーの歌、料理、買物などを簡単にできるようにアシストする。

ホール・フーズ・マーケットでは、アマゾンとの合併後しばらくアマゾン機器を販売していたが、ホリデーにまた復活するようである。常設になるのかどうかは不明だが、好評なら続けられるだろう。