10月 31, 2017 オフィス用品 オンライン・リーテイラー スポーティング・グッズ ディスカウント・ストア トイ・ストア ドラッグ・ストア 家電・電子機器チェーン 流通業 0

電子コマースの分析会社であるProfiteroの最近のオンライン売価調査によると、アマゾンは、13の商品カテゴリー13のうち12で最低価格を維持していた。13のカテゴリーを平均すると、ウォルマートはアマゾンに比べ2.9%、ジェット・コムは12.3%、ターゲットは16.9%高かった。唯一、ビューティーのカテゴリーでは、ウォルマートがアマゾンより1.4%安く、ベビー商品では価格差が0.9%、スポーツ&アウトドアでは0.4%とほとんど差がなかった。

アプライアンスのカテゴリーでは、アマゾンに比べ、ベスト・バイが16.7%、ターゲットが11.5%、ジェットが9.2%、ウォルマートが3.7%高かった。ベビー用品では、トイザらスが16.9%、ジェットが13.7%、ターゲットが11.5%、ウォルマートが0.9%、それぞれ高かった。ビューティーでは、CVSが42.2%、ウォルグリーンズが41.7%、ジェットが8.5%、ターゲットが5.7%それぞれ高く、ウォルマートは逆に1.4%安かった。家電では、ステープルズが38.5%、ニューエッグが22.0%、ターゲットが17.2%、ベスト・バイが12.4%、ジェットが9.1%、ウォルマートが6.9%、それぞれ高かった。家具では、ターゲットが21.7%、ジェットが12.3%、ウォルマートが1.7%、それぞれ高かった。スポーツ用品とアウトドアでは、ディックスが23.5%、ジェットが13.7%、ターゲットが9.2%、ウォルマートが0.4%、それぞれ高かった。リーテイル・ダイブ

この調査は2017年の6月から8月にかけて、13の商品カテゴリーで52000アイテムの商品の売価を比較してまとめられた。

やはりアマゾンの安さは徹底しているようである。コンピューター・プログラムで他社と比較して売価調整を頻繁に行っている効果も高いと思われる。これだけ差があると、競合他社は最低価格保障を取り入れざるおえないだろう。