5月 16, 2012 オフ・プライス・ストア スーパーマーケット 流通業 経済 0

ニューヨークを中心にニュージャージーやフィラデルフィアに19カ所の店舗を展開しているオフ・プライス・チェーンであるダッフィーズは、ここ数ヶ月で19店舗を閉鎖すると発表した。不安定な景気によって消費が減っていると理由が述べられている。1961年創業の同社は、アービング・シュルマン氏によって、ニュージャージ州、エリザベスで、ダッフィー・ダンズ・バーゲン・タウンとして開店されたのが最初である。このチェーンは、ニューヨークで最も秘密にされている場所として有名なセンチュリー21などと共にブランドのバーゲン・ショップとして知られている。昨年11月には、同様なチェーンであるシムスとその傘下のファイリーン・ベースメントも倒産申請を行い閉店した。ブルームバーグ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東部のペンシルバニア、メリーランド、ニューヨーク、ニュージャージー、ウェスト・バージニアの諸州で162店舗のスーパーマーケットを展開するワイズ・マーケットは、同社創業100周年を記念して100日間の売価凍結を、家庭で良く購入される1,000のアイテムで行うと発表した。2009年から行われている90日間の売価凍結を、今回は100周年を記念して100日間とし、7月15日から1020日まで行う。これらの商品は、ナショナル・ブランドとプライベート・ブランドで、グローサリー、冷色、食肉、健康美容商品、ジェネラル・マーチャンダイズから1,000アイテム選ばれている。PRニュースワイア

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

国勢調査局は、20126月の小売売上高の推定額を発表した。休日と季節調整済みの売上は4,015億ドルとなり、前月より0.5%減少した。前年度対比では3.8%の増加となる。4月から6月の3ヶ月では+4.7%となる。4月から5月の変化は−0.2%で調整されなかった。車と用品を除くと−0.4%、フード・サービスを除く小売だけだと-0.5%となる。販売チャネル別は、車と用品は-0.6%(+0.8%)、家具と家庭雑貨は-0.8%(+1.3%)、家電・電器製品が-0.8%(+0.7%)、建築資材-1.6%(-2.0%)、食品と飲料が+0.1%(-0.1%)、健康美容商品が-0.7%(-0.2%)、ガソリン販売が-1.8%(-2.0%)、衣料とアクセサリーが+0.2%(+0.8%)、スポーツ用品・趣味・書籍・音楽が-1.6%(+0.3%)、ジェネラル・マーチャンダイズ・チェーンが-0.2%(-0.3%)、その他の雑貨チェーンが+0.5%(-1.0%)、無店舗販売が+0.5%(+1.0%)、フード・サービスが-0.2%(-0.3%)となる。(括弧内は5月の改定値)